タイ・プーケットにあるホテルでインターンとして働いています!


by intern60

Happy Songkran Day

ついにこの日がやって来ました。

タイの名物祭りのひとつ、ソンクラーン!またの名を水掛け祭り!!ドンッドンッドンッ

ソンクラーンはタイの旧正月を祝う伝統行事ですひらめき電球合格

もともとは、家族が一同に集まって、仏像やお坊さんにお参りしにお寺に行ったり、年配者を敬う意味でお清めとして水をかけるところから始まったのですが、近年は単なる水掛け祭りというか、水掛けファイト、水掛け合戦みたいになっています(笑)叫びチョキ

この時期を狙って来る海外のお客様もとっても多いです!!!
ちなみに我がホテルにも昨日は6組日本人のお客様がチェックインされて、私はてんてこ舞いでした....あせる


私にとっては初めてのソンクラーンですので、ただの水掛け遊びではなく、伝統的なソンクラーンも体験したかったので、朝早起きしてお寺にお参りに行きました合格

タイ人はほぼ仏教徒で、とても信仰心が厚いのですが、お坊さんはタイの国王よりも位が高いそうです。
なので、国民はお坊さんを敬って、お供えをしたり、お祈りをしたり、至れり尽せりもてなします。

私達も、お寺に行く前に沢山の食べ物、生活用品、お花、お金を用意して行きました!!
それらをお坊さんに渡すのです。

食べ物はまだ理解できる。が、生活用品やお金まで渡すのはビックリでしたひらめき電球
それだけ大切な人物なのでしょう....!



お坊さんの写真は失礼にあたるので撮っていませんが、お寺内にある各種仏像の前で何度も何度もお祈りします。
時間をかけたほうが願いが届くんだとか。。ふむふむ。。

もちろんお坊さんの前でもお祈りをしますビックリマーク
お坊さんは何かを唱えていて、最後に水を掛けてくださいます。
これはソンクラーンの時しかやってもらえないそうで、タイ人の友達はやけに感激していましたニコニコグッド!


町中で水の掛け合いが始まるのは大体9時くらいから。それ以降は、だれかれ構わず水をぶっかけられます叫び汗汗

ソンクラーンの大事なルール。
水をおもいっきり掛けられても、変な粉を塗りたくられても、携帯が壊れても、怒らないこと!!(笑)

その日だけは、水掛けを拒否することは出来ません。嫌なら部屋に篭るwwww

私は水着と、ソンクラーンの衣装(アロハシャツ)を着て、バズーカ並の大きな水鉄砲を担いで、友達と2人でバイクで戦いますグー


お寺で厳粛にソンクラーンを体験したあとは、ソンクラーンの名所?として有名なパトンビーチへ参ります波クラッカー

さて、水掛け祭りのスタートです!!



バイクから通行人を狙う奴ら、トラックの荷台に乗ってバケツで水をぶっかける奴ら、歩道でスタンバイしてバイクの人を狙う奴ら....

凄まじい!!!!!!!!


そしてほとんどの成人は飲酒してるので、騒ぐ騒ぐwwww
かくいう私もベロベロになりながら戦いました(笑)



こんな状態が夜まで続きます。

あと何故か分からないのですが、ベビーパウダーを水に溶かした粉みたいなのをベタベタ塗られるんです。あれは何の意味があるのやらあせる
とにかく不快な粉でした(笑)

まぁ、何はともあれ、かなり楽しいお祭りなので、プーケット旅行にいらっしゃる方はこの時期を狙ってきて欲しいですね合格
[PR]
by intern60 | 2014-04-24 12:27 | Life